雨水管からの雨水の溢れは雨水桝に入り込んだ庭木の根っ子が原因

梅雨の時期で連日雨が降り続いていた時に、雨水管が途中から漏れているのに気が付きました。

丁度2階のベランダからの排水管と、屋根から来ている雨水管の合流している継ぎ目から雨水が溢れていました。きっと、雨水管に落ち葉か何かが詰まったせいだと思い、後日調べたところ、雨水管に詰まりはなく、どうも地中に埋まっている雨水桝に原因があるようでした。

こうなると素人ではどうにもならないので、近所の業者に修理を依頼しました。

京都水漏れ業者

業者が雨水桝の中を確認したところ、雨水桝の中や、雨水桝から下水に繋がっている配管に、庭の植栽の根っ子が入り込み、雨水桝から下水への流路を塞いでいることが分かりました。庭木の多いこの辺の住宅ではよく見られるトラブルだと業者の人が言っていました。

その時撮った写真も見せてもらいましたが、根っ子がビッシリと雨水桝に入り込んでいました。老朽化し、根っ子で一杯になった雨水桝を交換してもらいました。それ以降、雨水管からの雨水の漏れは無くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です